クラスによるレベルの差

塾では月1回ペースでクラス分けのテストがある。

それの点数により、今までいたクラスのレベルとか

一切関係なし有無を言わさずクラスが上下する。

そしてそのクラスでは、そのクラスのレベルに

合わせた授業内容となる。



特にわかりやすいのが算数の授業‼

一番上のクラスだと、基本部分はサラッと流し、

ほぼ応用問題を授業でやっていく。そして宿題も

応用問題や別紙の過去問題など✍

 

下のクラスだと、基本問題を中心として、

ちゃんと内容わかったよね?という確認問題

宿題と出されている✍

そのため、上のクラスにいたときは、必死で

応用を解こうをがんばるし、わからないところは

次回の授業で教わったり、残って聞いたり

してくる。

 

でも、下のクラスに行くと、問題が簡単だから

わかった気がでいる。そのくせ応用問題は

宿題じゃないし別にやらなくても・・・

みたいになりがち。

こういうところから差がついてくるん

だろうな・・・☠