全国統一小学生テストを家でやってみた(4年生算数編)


社会・理科・国語と続き、今日は

全国統一小学生テスト4年算数を

やってみることにした。

一番、重いだろうと最後にやることに

した算数。やはり頭をフル回転させる

こととなった。

息子は、国語同様

『時間が足りなくて最後の方やってない』

言っていた。

私も40分フルフル使うこととなった。



内容は、最初がいつもどおり計算問題。

その後、図形やサイコロ、等差数列といった

感じだっただろうか。

 

サイコロを頭の中で回転させてみなければ

いけなかったり、長方形のまわりにいろいろな

パターンで巻きつけた紐の長さを求めさせたり、

頭を柔らかくして考えなければいけない問題が

あり、そのへんで時間がかかってしまった。

最終問題の等差数列は、結構難問だろう。

 

トータルして、最終問題以外は、いけそうだが、

小数点の位置を間違えたり、というミスを

誘いそうな問題も多く、そのへんでしっかり

取らないとと感じた。

 

1日1教科、4年生の全国統一小学生テストを

やってみたが、これを2時間ほぼぶっ続けで

受験する小学生は、すごいなぁと思った。

大人の私には、算数だけで体力を奪われて

しまいそうだ。