小学5年就寝時間がだんだん遅くなってきた

塾のある日は、そもそも帰宅が22時くらい。

それからお風呂、学校の宿題となると

あっという間に23時を過ぎてしまう。

その生活は5年生になってからずっと。

ただ塾のない日は、22時くらいには

就寝している生活だった。

しかし、最近は塾のない日もどんどん

寝るのが遅くなってきた。

塾の宿題。たとえば、月曜に習った理科の宿題

プリントを火曜にやるとすると、習ったことを

復習しつつプリントの基本から応用をやっつけ

なければいけない。

わが子は、理科の宿題プリントを仕上げるのに

2時間はかかってしまっている。

社会についても同様。習ったことを覚えて

それからプリントをやる。全然覚えられて

いないことに愕然としながら、覚えて

宿題を仕上げる。それだけで2時間。

4年のころは、勉強といいながらフラフラ

したり、下の子とごちゃごちゃ始めたり

していて、『集中して早くやっちゃいなさい!』

と叱ることが多かったが、今は、決して

集中していないから遅くなるわけではない。

これがわが子のペースなんだと思うので

『早く終わらせなさい!』ということは

なくなった。

ただ、、、1教科に2時間かかっていたら、

塾の宿題が終わらない。。。

就寝時間が0時近くなることもあり

それはちょっとどうなのか?と心配になる。

睡眠不足から体調崩しがちになるのも

心配だ。

もうちょっと要領よくやってほしい。

それが親の本音。。。