合格発表からの手続き締切日の短さにあせる

12月になると、漠然と不安になる。

願書提出スタートの日、

願書提出締切り日、

受験日、

合格発表日、

入学手続き完了日。

学校ごとに違い頭の中がパニック。

なんとなくスケジュールはわかるが

頭の中が整理できていない気がして不安。

受験校が多ければ多いほどスケジュール

管理が大変だ。

 

その不安を解消するために見える化することにした。

横軸を受験校。

縦軸を日付。

それぞれの学校の願書提出スタート日や

受験日などそれぞれ色を変えて線に色を

つけた一覧をExcelで作成した。

頭の中でパニックになりかけていたスケジュールが

見える化によって明確になってスッキリした。

↑ こんなイメージ ↑

そしてそれによって改めてはっきりしたこと。

それは、合格発表から入学手続き完了日までの

日数が短すぎる!!

本命校の合格発表の結果を見て、もし

ご縁がなかったらすぐに別の学校の

手続きを完了させなければいけない。

数時間でその判断や入金手続きを

しなければいけない時間の短さ。

子どもの人生を左右するかもしれない

手続きのミスを親が絶対しないように

気をつけなくては!というプレッシャー。

1つ合格をもらって

やったー!ホッとした!という気持ちで

ちょっとすっきりするのかと思いきや、

手続きのことで頭がいっぱいになった。

 

見える化によって、その動きも

イメージしやすいのでぜひ作ることを

おススメしたい。