積み木などを使って算数の問題をイメージする

算数は、イメージできるか?が大事だと思う。次男はその『イメージする』ということがちょっと苦手。
たとえば、単位の変換。
1m=100cm
1L=10dl=1000ml
1㎏=1000g
などなど。

覚えればいい話ではあるが、私的には感覚的にもわかってほしい。
たとえば、給食の牛乳は200mlだとしたら、それが5個で1Lになるなとか、100m走の距離の10倍が家から学校までの距離だなとか。

ただ単位の変換の計算問題だけでなく、文章問題で、池の周りや杭と杭の間の距離、ジュースを何人かで分けた時の量の問題などがあったときに、自分の出した答えが、とんでもない数字になっても全く疑いもせず、『できた!』ということがありびっくりすることがある。

たとえば池の杭の間隔が50mと自分の答えが出た場合、ありえない数字だ!間違ってるかも!と疑いもしない。感覚的になんか違うんじゃないかなと思ってもらえるといいのだが・・・と思う。
自分の答えに自信を持つのもいいけど、『あれ?合ってるかなぁ。』と立ち止まってほしいものである。

そして立体図形に関しても頭でイメージができてほしいなと思う。
たとえば、小さな立方体がいくつも重なっている場合、全部でいくつあるのかということがぱっとイメージできるか。また、面積を求める時にそれぞれに面で出すのではなく、凹んでいる部分を移動させると結局1つの長方形になるということなど。

そのイメージのために積み木を使っている。

この積み木、確か上の子が幼稚園の頃にいただいたもの。ひらがなを組み合わせて言葉を作ろう的な使い方をするものだが、いまだにお世話になっている。処分しなくてよかった。
箱がボロボロで歴史を感じる。

家にあるものをいろいろ活用しながら、どうにか次男に頭の中でイメージしてもらおうと格闘中。

KUMONTOY ひらがなさいころつみき 544318 積み木 3歳~公文 くもん出版 知育玩具 教材 サイコロつみき【送料無料(北海道、沖縄、離島は配送不可)】