学校と塾の両立 次男の場合




次男も、長男と同じ塾に3年2月に入塾し

約3ヶ月経った。

上の子の時は、塾の宿題に追われ、

なかなか両立するのに時間がかかった。

しかし、次男は今のところ、塾と学校との

両立ができているように思う。

 

その理由として考えられるのは。。。

上の子が4年生で入塾したての時。

下に兄弟がいると、下の子のことも考え、

早くご飯を食べ、早く寝かせなくては!

『早く!早く!』となる。

 

下の子の面倒も見つつ、上の子のわからない

宿題を見ると、自分自身もキャパオーバーに

なり、じっくり見てあげることができない。

結果、宿題もなかなか終わらない。

チーーーン。

となっていた。

 

しかし、次男の場合、

上の子の塾送迎や、受験勉強に

付き合わされているため、

夕飯の時間は、20時くらいになるのは

当たり前だと思っている。

寝る時間も22時過ぎるのが普通。

私自身は、上の子は中学に入ったので

下の子がわからない!と言っている時に

見てあげる心の余裕がある。

 

それに次男が今のところ無難に

学校と塾との両立ができているのは

私の心に余裕があるからだと思う。

上の子の場合、

分からない問題は、完璧に

わかるようにしなくては!!と

あせっていたように思う。

応用問題もすべて理解しないと!

と。

しかし、次男の場合、

『これは、1回で理解するのは

無理だわ~』と思う問題は、

(2)は難しいから何度聞いても

わからないなら、とりあえず

置いておいて、でも

(1)までは理解しよう!

と下の子のレベルに合わせて

あまり頑張りすぎない、サポートを

する心の余裕がある気がする。

 

とはいえ、

『上の子の時は、もっとできた。』

『これくらいわからないのか・・・』

など、上の子と比べたり、あまりに

理解が遅い次男にイラっとする

こともあったりする。

でも、まずは

本人が頑張って勉強しようとして

いることをちゃんと認めてあげ、

『お兄ちゃんのように受験したい!』

という気持ちを応援してあげ、

無理やりやらせることのない

サポートをしていけたらと思う。